うなじの毛深さがコンプレックスなので三宮で全身脱毛に通いたい

私はとても毛深く、現在は全身脱毛に通ってはいるものの毎日シェービングをしなくては半日でチクチクを感じるほどです。
夜お風呂に入った際に剃ったのでは翌日の夜にはチクチクするため、夜に予定があるときは必ず朝シャンをしています。
剃ったからといっても毛穴のあとや、かみそり負け、剃る範囲など今までずっと悩まされてきていて、脚や腕だけならまだしも、私の場合は全身、まさに手のひらと唇以外は全て目に見える毛が生えています。

みんなとお風呂にいくと生えていないのにどうして私だけ?と疑問にも思っていました。
昔からそれがコンプレックスで腕を初めてシェービングしたので小学生高学年のころです。
彼氏の家に行くにもかみそりは絶対的な必需品で、今では剃る姿を見せるものの昔は剃っていることが恥ずかしくて隠れて剃ったりしていました。
そのくらい毛深さには悩まされていた私ですが、昔恥ずかしい経験をしたことがあります。

学生時代、男女交えてみんなで浴衣デートをする、と決まった夏のことです。
どんな浴衣にしよう、どんなバッグにしよう、そしてどんな髪型にしよう、と心はうきうきしていました。
特に髪型に関しては、色々サーチをして、やはりアップしgて「うなじ」を見せることがセクシーで男性受けもいい!とわかりました。
その当時気になっていた男性も来る、ということなので、ここぞとばかりにその髪型にすがる思いで挑戦することに決めたのです。
お母さんに協力してもらって、うなじもしっかりと見えるアップスタイルが完成しました。

私は、雑誌でみたうなじの見える後ろ姿を想像し、自分でもセクシーかも、なんて思って、気になる彼のもとへいきました。
周りの女の子もきれいなうなじを見せていて、私もその中の一人、と楽しみ始めたときです。
「〇〇〇(私の名前)、なんでこんなにもじゃもじゃなの?他の子たちと違うね。」と彼から声をかけられました。
私はなんのこと?と思いましたが、そんなことを言われて初めて合わせ鏡で自分の後ろ姿を確認したところ、思い描いていたうなじの後ろ姿からはかけ離れた姿に本当に言葉を失いました。

毛深いことでうなじなんてものはなく、それは背中の毛にもつながり、髪の毛の生え際なのかうなじなのかもはや何が何だかわからないただの毛むくじゃらな野放し状態だったのです。
本当に恥ずかしくて、そこで全身脱毛を考えることになりました。
いまでも髪の毛をアップするのは少し勇気が必要です。

そんな思いはずっとしたくないので、今は脱毛に通うことを考えています。三ノ宮で全身脱毛安いサロンを探してみようと思います。